ようこそ! 岐阜県セラミックス研究所のホームページへ!

研究開発

岐阜県セラミックス研究所では、地場における陶磁器業界の産業振興に役立つ課題や、将来有望な課題に対して、地場産業の振興、新産業創出を目指し、陶磁器伝統産業のIT技術の展開、新技術の導入、異分野あるいは地域企業との連携を図りつつ、研究開発に取り組んでいます。また年間をとおして受託研究や産学官共同研究を行っています。

平成29年度の研究テーマ

  • 美濃焼ブランドの新たな付加価値の開発
  • ゾルゲルコーティングによるアルミダイカスト用金型部材の耐久性向上
  • 省エネルギー技術に貢献するセラミックス熱交換部材の開発
  • 陶磁器原料供給安定化調査事業
  • 再利用マグネタイトを使用した水質浄化システムの開発
  • セラミックス製品の各種情報を製品から直接入手するシステムの構築
  • 高精細多積層転写技術を用いた透かし情報タグによる製品のブランド化
  • セラミックスの高機能化と製造プロセスの革新

研究報告書

技術シーズ集











■受付時間
    平日 8:30 から 17:15 まで
    土日・祝日・年末・年始は休み